マニュアル

レンタルサーバー「コアサーバー」のアカウントの作成やコントロールパネルの操作方法など、
各種マニュアルをご覧いただけます。

まずは無料トライアルから

プラグインを使わず移行する場合

WordPressプラグインを使用せずに、他社サーバーからV2プランにWordPressサイトを移行する方法をご紹介します。

  • サーバー移行後の動作確認が完了するまでは、移行元サーバーを解約しないで下さい。

移行元サーバー側の作業

1.サーバーからファイルをダウンロード

サーバーからファイルをダウンロード

ここではFFFTPを使用した手順をご紹介します。

移行元サーバーに接続し、WordPressがインストールされているディレクトリに移動してください。

その中にある全てのディレクトリとファイルを選択し、ダウンロードします。

2.サーバーのデータベースにログイン

サーバーのデータベースにログイン

ここではphpMyAdminを使用した手順をご紹介します。

左メニューから、移行するWordPressで使用しているデータベースをクリックし、上メニューの「エクスポート」をクリックします。

3.サーバーからデータベースをダウンロード

サーバーからデータベースをダウンロード

「実行」をクリックします。

SQLファイルがダウンロードされます。ダウンロードしたファイルはインポート時に使用します。

コアサーバー側の作業

1.ドメイン設定を追加

コアサーバーのコントロールパネルにログインし、対象ドメインのドメイン設定を追加します。

手順は「ドメイン設定の新規作成」を参照ください。

移行元サイトがサブドメインで運用されている場合は「sub.example.com」のようにサブドメイン形式で作成してください。

2.hostsファイルの設定

hostsファイルを設定します。hostsファイルを使用することでドメインをコアサーバーに向ける前に、独自ドメイン名で動作確認が行えます。

コアサーバーのIPアドレス表示画面

コアサーバーのIPアドレスは、管理・購入画面の「IPアドレス」に記載されています。
(例)163.44.176.11 example.com

3.WordPress設定ファイルの編集

WordPress設定ファイルの編集

事前にデータベース設定の新規作成を行なってください。

移行元サーバーからダウンロードしたファイルにあるwp-config.phpをメモ帳などのテキストエディタで開きます。

データベース名、ユーザー名、パスワードを、作成したデータベースのものに、ホスト名を「localhost」に変更します。

4.phpMyAdminにログイン

phpMyAdminにログインします。

手順は「phpMyAdminへのログイン方法」を参照ください。

5.「インポート」をクリック

「インポート」をクリック

左メニューから作成したデータベースをクリックし、「インポート」をクリックします。

6.インポートの開始

インポートの開始
  • 「ファイルを選択」で、移行元サーバーからダウンロードしたSQLファイルを選択します。
  • 「実行」をクリックすると、インポートが開始されます。

7.インポート完了

インポート完了

成功メッセージが表示されればインポート完了となります。

8.WordPressサイトのファイルのアップロード

WordPressサイトのファイルのアップロード

コアサーバーに接続し、ドキュメントルートに移動します。

移行元サーバーからダウンロードしたWordPressサイトのファイル一式をアップロードします。

9.サイトにアクセスして表示を確認

サイトにアクセスして表示を確認

ブラウザからサイトにアクセスし、表示をご確認ください。

移行元サイトのURLが「https://」で始まるサイトの場合、「http://」に変更してご確認ください。

10.hostsファイルの設定を削除

正常に表示されることが確認できたら、手順2で設定したhostsファイルの設定を削除してください。

11.DNS設定をコアサーバーに向ける

最後に対象ドメインのDNS設定を変更し、移行先のコアサーバーに向けます。

バリュードメイン管理ドメインの場合は「DNS情報・URL転送の設定」の手順にてDNS設定を変更してください。

12.「https://」で始まるサイトの場合は無料SSLの設定

「https://」で始まるサイトを移行された場合は、無料SSLの設定を行います。

手順は「無料SSLの新規設定」を参照ください。

13.サイトにアクセスして表示を確認

サイトにアクセスして表示を確認

ブラウザからサイトにアクセスし、表示をご確認ください。