マニュアル

レンタルサーバー「コアサーバー」のアカウントの作成やコントロールパネルの操作方法など、
各種マニュアルをご覧いただけます。

まずは無料トライアルから

Thunderbirdのメール設定(Windows)

作成したメールアドレスを、Windows版のThunderbird(バージョン78.8.1)でメールの送受信ができるようにする設定です。

メールソフト側ではSSL化接続を推奨しております。SSL有効設定を行う場合、対象ドメインのSSL設定(独自無料)が必要です。

各プランのメールの作成手順:メールの新規作成(V1)メールの新規作成(V2)

<重要> TLS 1.2 非対応の OS、及びメールクライアントソフトをお使いの方へ

2024年1月25日(木)より、メールサーバーのセキュリティ強化のため TLS1.0 / TLS1.1の対応を順次停止しております。

最新メールソフトへの切り替えが困難な場合、現在のメールソフトで、暗号化を使用しない、SSL/TLSを使わない設定へ変更することで送受信可能となります。後述のマニュアルのポート番号を以下に置き換えて設定をお試しください。

OS、メールクライアントソフトどちらか一方でもTLS1.2非対応であれば設定変更が必要です。

  • 受信用メールサーバ POPS:995ポート → POP:110ポート
  • 受信用メールサーバ IMAPS:993ポート → IMAP:143ポート
  • 送信用メールサーバ SMTPS:465ポート → SMTPサブミッション:587ポート

いずれも「SSL:なし」で選択


いずれも「認証方式:通常のパスワード認証」で選択

1.Thunderbirdを起動して、「メール」をクリック

Thunderbirdを起動して、「メール」をクリック

メーラーのThunderbirdを起動して、「メール」ボタンをクリックします。

2.メールのアカウント情報を入力

メールのアカウント情報を入力
  • 任意の名前を入力(メールを受信した相手に表示されます)
  • 設定するメールアドレスを入力
  • メールのパスワードを入力
  • 「手動設定」ボタンをクリックします。

    「手動設定」ボタンは、①〜③を入力すると有効になります。

3.受信方式を選択し、送信設定を入力

受信方式を選択し、送信設定を入力
  • 受信サーバープロトコルを「IMAP / POP3」のいずれかを選択
    IMAP メールをパソコンにはダウンロードせず、サーバー上で保管して管理します。
    POP3 サーバー上のメールをパソコンにダウンロードしてメールを管理します。
  • サーバー名を入力
  • 「465」を入力
  • 「SSL/TLS」をプルダウンより選択
  • 「通常のパスワード認証」をプルダウンより選択
  • メールアドレスを入力

①の受信サーバープロトコルで

  • IMAPを選択:4-1
  • POP3を選択:4-2

4-1.「IMAP」の受信設定

「IMAP」の受信設定

「IMAP」形式の受信サーバー設定を行います。

  • サーバー名を入力
  • ポート番号:「993」を入力
  • 「SSL/TLS」をプルダウンより選択
  • 「通常のパスワード認証」をプルダウンより選択
  • メールアドレスを入力
  • 「再テスト」ボタンをクリックします。

4-2.「POP3」の受信設定

「POP」アカウントの設定

「POP3」形式の受信サーバー設定を行います。

  • サーバー名を入力
  • ポート番号:「995」を入力
  • 「SSL/TLS」をプルダウンより選択
  • 「通常のパスワード認証」をプルダウンより選択
  • メールアドレスを入力
  • 「再テスト」ボタンをクリックします。

5.設定完了

設定完了
  • 「次のアカウント設定が、指定されたサーバーを調べることにより見つかりました。」と表示されたら
  • 「完了」ボタンをクリックします。