マニュアル

レンタルサーバー「コアサーバー」のアカウントの作成やコントロールパネルの操作方法など、
各種マニュアルをご覧いただけます。

まずは無料トライアルから

DKIMの設定方法

DKIM(DomainKeys Identified Mail)とは、メール送信者のなりすましや改ざんの検知を行うドメイン認証技術です。ご利用中のドメインメールにおけるDKIM設定を行う手順をご紹介します。

DKIMを有効にすると送信メールにDKIMの署名ヘッダーが追加されるため、ドメインにてDKIMのDNS設定が反映していない間は送信先側でDKIMがパスされず、迷惑メール等として扱われる可能性があります。

1.左メニューの「メール」をクリック

左メニューの「メール」をクリック

コントロールパネルに「ログイン」後、左メニューにある「メール」をクリックします。

2.「DKIMを有効」をクリック

右上の「DKIMを有効」ボタンをクリックします。
「DKIMを有効」をクリック

3.DKIM設定完了

設定完了

「Success」とメッセージが表示されたらDKIM設定は完了です。

4.DKIMの設定内容を確認する

  • 左メニューにある「DKIM管理」をクリックします。
  • 「値」の横の鉛筆アイコンをクリックします。

DKIMの設定内容を確認する

5.「値」の内容をコピーし、ドメインのDNS設定を変更する

  • 表示された「値」の設定内容を全てコピーします。
    表示された「値」の設定内容を全てコピーします

    記載されている内容を全てコピーしてください。

  • ドメインのDNS設定画面にて設定を行います。

    バリュードメインでのDNS設定変更手順はこちら

    DNS設定の変更がインターネット上に反映されるまで、5~30分程度かかる場合があります。

    【DNS設定例】

    バリュードメインのネームサーバーをご利用の場合

    DKIMのみ有効化させる場合 txt x._domainkey v=DKIM1; k=rsa; p=MIIBI***(赤文字がコピーした値の部分)***
    DKIM/DMARC両方を有効化させる場合 txt x._domainkey v=DKIM1; k=rsa; p=MIIBI***(赤文字がコピーした値の部分)***
    txt _dmarc v=DMARC1; p=none;

    バリュードメイン以外のネームサーバーをご利用の場合

    DKIMを有効化させる場合 ホスト名 x._domainkey
    ターゲット v=DKIM1; k=rsa; p=MIIBI***(赤文字がコピーした値の部分)***
    タイプ TXT
    DMARCを有効化させる場合 ホスト名 _dmarc
    ターゲット v=DMARC1; p=none;
    タイプ TXT

    サブドメイン 例:sub.example.com で設定する場合は名前の部分を以下のように変更ください。

    • x._domainkey → x._domainkey.sub
    • _dmarc → _dmarc.sub

    上記DMARCレコードはDMARC送信認証をPASSするための最小構成です。任意の内容に変更いただけます。