マニュアル

レンタルサーバー「コアサーバー」のアカウントの作成やコントロールパネルの操作方法など、
各種マニュアルをご覧いただけます。

まずは無料トライアルから

独自SSLの延長・更新設定

独自SSL証明書の設定を延長する手順です。
SSL証明書は約1年毎に延長の手続きと再設定が必要です。 SSL証明書の延長手続きは「SSL証明書の延長・更新」を参照ください。

バリュードメイン以外でSSL証明書を管理されている場合は、4からスタートしてください。

1.バリュードメインにログイン

バリュードメインにログイン

バリュードメインに「ログイン」し、「SSL証明書の管理・延長」をクリックします。

2.「確認」をクリック

「確認」をクリック

延長したSSL証明書の「確認」をクリックします。

延長・更新したSSL照明書は新しく下に一行追加され、有効期限が最大397日延長されています。

3.設定情報を表示

設定情報を表示

サーバーへの設定情報が表示されます。(この画面は開いておきます)

A:証明書
B:中間証明書
C:プライベートキー(パスフレーズ無し)

4.左メニューの「ドメイン」をクリック

左メニューの「ドメイン」をクリック

コントロールパネルに「ログイン」後、左メニューにある「ドメイン」をクリックします。

5.「SSL証明書設定」をクリック

「SSL証明書設定」をクリック

メニュー右側にある「SSL証明書設定」をクリックします。

6.ドメインを選択して、SSL証明書設定条件を選択

  • SSLを延長するドメインをプルダウンより選択
  • 「事前に生成された証明書とキーを貼り付け」を選択
  • 「SSL CA証明書」をクリックします。
ドメインを選択して、SSL証明書設定条件を選択

7.CAルート証明書を入力

  • 3-B:中間証明書をコピーして貼り付け
  • 「Use a CA Cert」にチェック
  • 「保存」をクリックします。
CAルート証明書を入力

8.「Success」と表示

「Success」と表示

「Success」とメッセージが表示されます。

9.「SSL証明書設定」をクリック

「SSL証明書設定」をクリック

メニューの「SSL証明書設定」をクリックします。

10.必要項目を入力

  • 「事前に生成された証明書とキーを貼り付け」を選択
  • 3-C:プライベートキー(パスフレーズなし)をコピーして貼り付け
  • 3-A:証明書をコピーして貼り付け
  • 「保存」をクリックします。

バリュードメインでSSL証明書を管理されている場合、②③の情報は「SSL証明書の管理」から確認できます。

必要項目を入力

11.設定完了

設定完了

「CERTIFICATE AND KEY SAVED」と表示されたら完了です。

12.ブラウザでSSL通信の確認

ブラウザでSSL通信の確認

ドメイン名に「https://」を付けてブラウザでアクセスし、以前と同様にSSL通信が行われていることを確認してください。

SSLの延長設定は数分で反映されます。