プラグインを使わず移行する場合

WordPressプラグインを使用せずに、他社サーバーからV2プランにWordPressサイトを移行する方法をご紹介します。 サーバー移行後の動作確認が完了するまでは、移行元サーバーを解約しないで下さい。 移行元サーバー側の作業コアサーバー側の作業 移行元サーバー側の作業 1.サーバーからファイルをダウンロード ここではFFFTPを使用した手順をご紹介します。 移行元サーバーに接続し、WordPressがインストールされているディレクトリに移動してください。 その中にある全てのディレクトリとファイルを選択し、ダウンロードします。 2.サーバーのデータベースにログイン ここではphpMyAdminを使用した手順をご紹介します。 左メニューから、移行するWordPressで使用しているデータベースをクリックし、上メニューの「エクスポート」をクリックします。 3.サーバーからデータベースをダウンロード 「実行」をクリックします。 SQLファイルがダウンロードされます。ダウンロードしたファイルはインポート時に使用します。 コアサーバー側の作業 1.ドメイン設定を追加 コアサーバーのコントロールパネルにログインし、対象ドメインのドメイン設定を追加します。 手順は「ドメイン設定の新規作成」を参照ください。 移行元サイトがサブドメインで運用されている場合は「sub.example.com」のようにサブドメイン形式で作成してください。 2.hostsファイルの設定 hostsファイルを設定します。hostsファイルを使用することでドメインをコアサーバーに向ける前に、独自ドメイン名で動作確認が行えます。 hostsファイルの設定方法(Windows) hostsファイルの設定方法(Mac) コアサーバーのIPアドレスは、管理・購入画面の「IPアドレス」に記載されています。(例)163.44.176.11 example.com 3.WordPress設定ファイルの編集 事前にデータベース設定の新規作成を行なってください。 移行元サーバーからダウンロードしたファイルにあるwp-config.phpをメモ帳などのテキストエディタで開きます。 データベース名、ユーザー名、パスワードを、作成したデータベースのものに、ホスト名を「localhost」に変更します。 4.phpMyAdminにログイン phpMyAdminにログインします。 手順は「phpMyAdminへのログイン方法」を参照ください。 5.「インポート」をクリック 左メニューから作成したデータベースをクリックし、「インポート」をクリックします。 6.インポートの開始 「ファイルを選択」で、移行元サーバーからダウンロードしたSQLファイルを選択します。 「実行」をクリックすると、インポートが開始されます。 7.インポート完了 成功メッセージが表示されればインポート完了となります。 8.WordPressサイトのファイルのアップロード コアサーバーに接続し、ドキュメントルートに移動します。 移行元サーバーからダウンロードしたWordPressサイトのファイル一式をアップロードします。 9.サイトにアクセスして表示を確認 ブラウザからサイトにアクセスし、表示をご確認ください。 移行元サイトのURLが「https://」で始まるサイトの場合、「http://」に変更してご確認ください。 10.hostsファイルの設定を削除 正常に表示されることが確認できたら、手順2で設定したhostsファイルの設定を削除してください。 11.DNS設定をコアサーバーに向ける 最後に対象ドメインのDNS設定を変更し、移行先のコアサーバーに向けます。 バリュードメイン管理ドメインの場合は「DNS情報・URL転送の設定」の手順にてDNS設定を変更してください。 12.「https://」で始まるサイトの場合は無料SSLの設定 「https://」で始まるサイトを移行された場合は、無料SSLの設定を行います。 手順は「無料SSLの新規設定」を参照ください。 13.サイトにアクセスして表示を確認 ブラウザからサイトにアクセスし、表示をご確認ください。

Duplicatorの使用方法

WordPressプラグイン「Duplicator」を使用し、他社サーバーからV2プランにWordPressサイトを移行する方法をご紹介します。 サーバー移行後の動作確認が完了するまでは、移行元サーバーを解約しないで下さい。 移行元サーバーの空き容量に余裕が無い場合、失敗する恐れがありますので、空き容量をご確認下さい。 移行元サーバー側の作業コアサーバー側の作業 移行元サーバー側の作業 1.WordPressのバージョンを最新にする 不具合の発生を防止するため、予め移行元サーバーのWordPressを最新バージョンに更新します。 WordPressの管理画面にログインした後、左ナビの「更新」をクリックし「WordPressの新しいバージョンがあります。」と表示されているか確認します。 表示がある場合は「今すぐ更新」をクリックし、最新版にバージョンアップして下さい。 2.プラグインの新規追加 左ナビの「プラグイン」から「新規追加」をクリックします。 3.Duplicatorのインストール 右上の検索窓に「Duplicator」と入力し、検索結果に表示されるDuplicatorの「今すぐインストール」をクリックします。 4.「有効化」をクリック インストールの完了後に「有効化」をクリックすると完了です。 5.左ナビの「Duplicator」から「パッケージ」をクリック 左ナビの「Duplicator」から「パッケージ」をクリックします。 6.「次」をクリック 「新規作成」をクリックし、遷移後に「次」をクリックします。 7.スキャン結果の表示 スキャン結果が表示されます。結果に問題がなければ「ビルド」をクリックします。 8.パッケージの作成完了 パッケージの作成が完了しました。 「インストーラー」「アーカイブ」をクリックし、インストーラーとアーカイブファイルをダウンロードして下さい。 コアサーバー側の作業 1.ドメイン設定を追加 コアサーバーのコントロールパネルにログインし、対象ドメインのドメイン設定を追加します。 手順は「ドメイン設定の新規作成」を参照ください。 移行元サイトがサブドメインで運用されている場合は「sub.example.com」のようにサブドメイン形式で作成してください。 2.hostsファイルの設定 hostsファイルを設定します。hostsファイルを使用することでドメインをコアサーバーに向ける前に、独自ドメイン名で動作確認が行えます。 hostsファイルの設定方法(Windows) hostsファイルの設定方法(Mac) コアサーバーのIPアドレスは、管理・購入画面の「IPアドレス」に記載されています。(例)163.44.176.11 example.com 3.コアサーバーに接続 移行元サーバーで作成したアーカイブファイルをアップロードします。ここではFFFTPを使用した手順をご紹介します。 FFFTPでコアサーバーに接続し、ドキュメントルートに移動します。(例)/domains/example.com/public_html/ 4.WordPressデータのアップロード 移行元サーバーでダウンロードしたインストーラー(installer.php)とアーカイブファイル(zipファイル)をアップロードします。 5.WordPressの復元 事前にデータベース設定の新規作成を行なってください。データベース名とパスワードはWordPressの設定で使用しますので、お手元にお控え下さい。 http://ドメイン名/installer.phpにアクセスします。 Duplicatorの画面が表示されるので、 「I have read and accept all terms & notices(required to continue)」にチェックを入れ、… Continue reading Duplicatorの使用方法

All-in-One WP Migrationの使用方法

WordPressプラグイン「All-in-One WP Migration」を使用して、他社様サーバーからV2プランにWordPressサイトを移行する方法をご紹介します。 サーバー移行後の動作確認が完了するまでは、移行元サーバーを解約しないで下さい。 移行元サーバーの空き容量に余裕が無い場合、失敗する恐れがありますので、空き容量をご確認下さい。 移行元サーバー側の作業コアサーバー側の作業 移行元サーバー側の作業 1.WordPressのバージョンを最新にする 不具合の発生を防止するため、予め移行元サーバーのWordPressを最新バージョンに更新します。 WordPressの管理画面にログインした後、左ナビの「更新」をクリックし「WordPressの新しいバージョンがあります。」と表示されているか確認します。 表示がある場合は「今すぐ更新」をクリックし、最新版にバージョンアップして下さい。 2.プラグインの新規追加 左ナビの「プラグイン」から「新規追加」をクリックします。 3.All-in-One WP Migrationのインストール 右上の検索窓に「All-in-One WP Migration」と入力し、検索結果に表示されるAll-in-One WP Migrationの「今すぐインストール」をクリックします。 4.「有効化」をクリック インストールの完了後に「有効化」をクリックすると完了です。 5.データのエクスポート 左ナビの「All-in-One WP Migration」から「エクスポート」をクリックします。 6.エクスポートの開始 「エクスポート先」をクリックすると展開されますので「ファイル」をクリックします。 エクスポートが開始されます。サイズによっては時間がかかる場合がありますので、しばらくお待ち下さい。 7.エクスポートの完了 エクスポートが完了しました。 ファイルのダウンロードが可能になりますので、クリックしてダウンロードして下さい。ダウンロードしたファイルはインポート時に使用します。 エクスポートファイルのサイズが1GBを超える場合、無料版のプラグインでインポートする事ができない場合があります。ファイルサイズを小さくしたい場合は、メディアファイルをエクスポートの対象外とするために「高度なオプション」から「メディアライブラリをエクスポートしない(ファイル)」にチェックを入れてから、再度エクスポートをお試し下さい。 この手順でエクスポートした場合、エクスポートファイルにメディアファイルは含まれませんので、移行完了後にFTPなどで転送して下さい。 メディアファイルは、通常Wordpressのインストールディレクトリ配下の「/wp-content/uploads」フォルダに保存されています。 コアサーバー側の作業 1.ドメイン設定を追加 コアサーバーのコントロールパネルにログインし、対象ドメインのドメイン設定を追加します。 手順は「ドメイン設定の新規作成」を参照ください。 移行元サイトがサブドメインで運用されている場合は「sub.example.com」のようにサブドメイン形式で作成してください。 2.hostsファイルの設定 hostsファイルを設定します。hostsファイルを使用することでドメインをコアサーバーに向ける前に、独自ドメイン名で動作確認が行えます。 hostsファイルの設定方法(Windows) hostsファイルの設定方法(Mac) コアサーバーのIPアドレスは、管理・購入画面の「IPアドレス」に記載されています。(例)163.44.176.11 example.com 3.WordPressをインストール WordPressをインストールします。手順は「WordPressのインストール」を参照ください。 インストール先のドメインは、手順(1)で設定したドメインをご指定ください。 「https://」で始まるサイトの場合、一旦「http://」を選択してください。手順の最後に「https://」に変更します。 「WordPressのインストール」のマニュアル手順(8)まで行い、WordPress管理画面にログインしてください。手順(2)のhostsファイルの設定が正しい場合、コアサーバーにインストールしたWordPressの管理画面が表示されます。 4.WordPressのバージョンを最新にする 不具合発生防止のため、WordPressを最新バージョンに更新します。 WordPressの管理画面にログインした後、左ナビの「更新」をクリックし「WordPressの新しいバージョンがあります。」と表示されているか確認します。… Continue reading All-in-One WP Migrationの使用方法