PHPのバージョン変更(ドメイン別)

ドメイン設定別に、PHPのバージョンを設定する手順です。 サーバーのデフォルトバージョンは「PHPのバージョン変更(全体設定)」で確認ください。 1.左メニューの「ウェブ」をクリック コントロールパネルに「ログイン」後、左メニューにある「ウェブ」をクリックします。 2.変更するドメインをクリック バージョン変更したいドメインをクリックします。 3.「ドメイン別PHPバージョン」をクリック 「ドメイン別PHPバージョン」をクリックします。 4.PHPのバージョンを選択し、「セーブ」をクリック PHPのバージョンをプルダウンより選択 「セーブ」ボタンをクリックします。 5.設定完了 「PHP versions saved」と表示されたら、設定完了です。

PHPの設定

PHPの各種項目の値を追加する方法です。 1.左メニューの「ウェブ」をクリック コントロールパネルに「ログイン」後、左メニューにある「ウェブ」をクリックします。 2.「PHP設定」をクリック メニュー右側にある「PHP設定」をクリックします。 3.ドメイン名の選択後に、項目を設定 設定を追加するドメイン名をプルダウンより選択 セッティングする項目を選び(利用できるセッティングはこちら) 値を設定し、 「追加」をクリックします。 利用できるセッティング display_errors PHPのエラーを画面に表示 error_reporting PHPのエラー出力のレベルを設定 include_path 外部ファイルを検索する場合の基点を指定 log_errors PHPのエラーログの出力 error_log エラーメッセージを指定したメッセージタイプに従って出力 max_execution_time スクリプトのタイムアウト時間を設定 max_input_time リクエストパラメータを受付ける最大時間を設定 max_input_vars 1度にPOSTできる上限値を設定 memory_limit PHPのメモリ使用量の上限を設定 post_max_size POST送信のデータサイズ上限を設定 session.gc_maxliftime サーバーに保存されるセッションファイルを保護する有効期限 short_open_tag PHPのタグを短縮形で記述できる upload_max_filesize サーバーにアップロードするデータの上限値を設定 zlib.output_compression 透過的なページ圧縮を設定 4.設定完了 設定が追加されました。複数の設定項目を追加したい場合は手順3を繰り返してください。

PHPのバージョン変更(全体設定)

サーバーデフォルト値のPHPのバージョンやモジュールの設定を変更する手順です。 サーバーにホストされた全ドメイン共通のPHP設定が変更されます。ドメイン毎にバージョン変更する手順は「PHPのバージョン変更(ドメイン別)」で確認ください。 1.左メニューの「ウェブ」をクリック コントロールパネルに「ログイン」後、左メニューにある「ウェブ」をクリックします。 2.「標準PHPバージョン」をクリック メニュー右側にある「標準PHPバージョン」をクリックします。 3.ドメイン名の選択後に、PHPのバージョンを設定 現在のPHPのバージョンをクリックすると、利用できるバージョンがプルダウンで表示されるので選択します。 4.「Set as current」をクリック 追加利用したいモジュールがある場合はチェックを入れ 「Set as current」をクリックします。 5.設定完了 「選択したバージョン (current) 」と表示されたら完了です。