FileZillaの設定方法

HTMLや画像をサーバーにアップロードするためのFTPソフト「FileZilla」の設定方法です。 FileZillaはこちらからダウンロードください。 1.左上の「サイトマネージャー」アイコンをクリック FileZillaを起動し、左上の「サイトマネージャー」アイコンをクリックします。 2.FTP情報を入力して、「詳細」をクリック 任意の設定名を入力(ファイル名を長押しすると入力できるようになります) 「FTP - ファイル転送プロトコル」をプルダウンより選択 サーバー名を入力 ポート番号「21」を入力 「明示的なFTP over TLSが必要」をプルダウンより選択 アカウント名を入力 パスワードを入力 「詳細」ボタンをクリックします。 サーバー名・アカウント名・パスワードは、弊社よりお送りした「CORESERVER.JP NEW SIGNUP (お客様のサーバー名)」メールに記載されております。 3.詳細設定をして、「接続」をクリック 「参照」ボタンをクリックして、ローカルのフォルダを設定(アップロードしたいパソコン上のデータフォルダを指定すると作業しやすくなります) 「/domains」と入力 「同期ブラウジングを使用する」にチェック 「接続」ボタンをクリックします。 4.「パスワードを保存する」を選択し、「OK」をクリック ポップアップ画面が表示されます。 「パスワードを保存する」を選択 「OK」ボタンをクリックします。 5.SSL証明書の確認にチェックを入れ、「ログイン」をクリック SSL証明書の確認画面が表示されます。 左下の「今後は常にこの証明書を信用する」「記載されている代替ホスト名でこの証明書を信頼する」にチェックを入れ 「OK」ボタンをクリックします。 6.FTP接続許可にチェックを入れ、「OK」をクリック 「このサーバーの今後のセッションでは常に安全でないデータ接続を許可する」にチェックを入れ、 「OK」ボタンをクリックします。 7.サーバーに接続 サーバーに接続できました。右側がコアサーバーの「domains」の領域となります。

Cyberduckの設定方法(Mac)

HTMLや画像をサーバーにアップロードするためのFTPソフト「Cyberduck」の設定方法です。 Cyberduckはこちらからダウンロードください。 1.左下の「+」をクリック Cyberduckを起動し、左下の「+」ボタンをクリックします。 2.FTP情報を入力して、ショートカットを作成 「FTP/SSL (Explicit AUTH TLS)」をプルダウンより選択 任意のショートカット名を入力 サーバー名を入力 アカウント名を入力 サーバー名やアカウント名は、弊社よりお送りした「CORESERVER.JP NEW SIGNUP (お客様のサーバー名)」メールに記載されております。 ポート番号「21」を入力 「ホストのagent証明書」をプルダウンより選択 「 /domains 」と入力します。 左上の「 ● 」赤丸アイコンをクリックします。 3.ショートカットをダブルクリック 作成されたショートカットが表示されました。ダブルクリックします。 4.パスワードを入力して、「ログイン」をクリック ポップアップ画面で認証情報を設定します。 パスワードを入力 弊社よりお送りした「CORESERVER.JP NEW SIGNUP (お客様のサーバー名)」メールに記載されております。 「キーチェーンに追加する」にチェック 「ログイン」ボタンをクリックしてください。 5.サーバーに接続 サーバーに接続できました。コアサーバーの「domains」の領域となります。

WinSCPの設定方法(FTPSプロトコル)

HTMLや画像をサーバーにアップロードするためのFTPソフト「WinSCP」の設定方法(FTPSプロトコル)です。 WinSCPはこちらからダウンロードください。 1.セッション情報を入力 WinSCP起動後、「ログイン」画面でセッション情報を入力します。 転送プロトコル:「FTP」を選択 暗号化:「明示的な TLS/SSL 暗号化」を選択 ホスト名、ユーザー名、パスワードを入力 ホスト名やユーザー名、パスワードは、弊社よりお送りした「CORESERVER.JP NEW SIGNUP (お客様のサーバー名)」メールに記載されております。 ポート番号:「21」を設定 「保存」ボタンをクリックしてください。 2.「OK」をクリック 「セッションの保存名」に任意の文字列を入力し、 「OK」をクリックします。 「パスワードを保存」にチェックを入れると次回以降パスワードの入力を省略できます。 3.作成したサイトを選択し、「ログイン」をクリック 作成したサイトを選択して「ログイン」をクリックします。 4.サーバーに接続 サーバーに接続できました。右側がコアサーバーの領域となります。

FFFTPの設定方法

HTMLや画像をサーバーにアップロードするためのFTPソフト「FFFTP」の設定方法です。 FFFTPソフトはこちらからダウンロードください。 1.「新規ホスト」ボタンをクリック FFFTPソフトを起動し、「新規ホスト」ボタンをクリックします。 2.ホストの基本を入力 タブの「基本」をクリック ホストの設定情報を入力 ホスト名やユーザー名、パスワードは、弊社よりお送りした 「CORESERVER.JP NEW SIGNUP (お客様のサーバー名)」 メールに記載されております。 ホストの初期フォルダは「 /public_html 」と入力します。 3.暗号化の設定 タブの「暗号化」をクリック 「FTPS(Explicit)で接続」にチェックします。 4.拡張の設定 タブの「拡張」をクリック 「PASVモードを使う」にチェック ポート番号は「21」を設定 「OK」ボタンをクリックしてください。 5.作成した設定名をダブルクリック 作成した設定名のショートカットが表示されるので、ダブルクリックします。 6.サーバーに接続 サーバーに接続できました。 右側がコアサーバーの領域となります。

サブFTPアカウントのパスワード変更

サブFTPアカウントのパスワード変更方法です。 1.左メニューの「ドメイン」をクリック コントロールパネルに「ログイン」後、左メニューにある「ドメイン」ボタンをクリックします。 2.「FTP設定」をクリック メニュー右側にある「FTP設定」をクリックします。 3.ドメイン名を選択し、「FTPアカウントを作成」をクリック 右にある「ドメイン」のプルダウンより、FTPアカウントを作成するドメイン名を選択 対象FTPアカウントをクリックします。 4.変更後のパスワードを入力 変更後のパスワードを入力し、 「変更」ボタンをクリックします。

FTPパスワードの変更

サーバーへのログインパスワードとFTPパスワードは同一の文字列となります。 パスワードを自動的に再発行します。定期的に変えることをおすすめします。 セキュリティの問題上、任意のパスワードには変更できません。 1.契約情報を確認する コントロールパネルに「ログイン」後、画面右上にあるサーバー名をクリックすると、プルダウンメニューが表示されます。 メニュー内の「契約情報」をクリックします。 2.パスワードの再発行を実行する 推移した画面を下にスクロールすると、「サーバーアカウント情報」の項目があります。 項目内にある「パスワードを再発行」のボタンをクリックすることで、パスワードが再発行されます。 3.再発行完了 FTPパスワードの変更には、5分~1時間程度かかります。 ログイン中のFTPセッションが切断されるまで反映されません。

FTPソフトの設定情報の確認

FTPソフトの設定に必要な情報を確認する方法です。 サーバーアカウント登録時のメールで確認 サーバーアカウント登録時に送信されるメールに記載されています。 件名:CORESERVER.JP NEW SIGNUP (サーバーの名称) 差出人:admin@coreserver.jp コントロールパネルで確認 01.「契約情報」をクリック コントロールパネルに「ログイン」後、右上にあるサーバー名をクリックするとプルダウンメニューが表示されます。 「契約情報」をクリックします。 02.「サーバーアカウント情報」を表示 「サーバーアカウント情報」にFTPの設定情報があります。 パスワードの横にある「表示」をクリックすると文字列が表示されます。

サブFTP設定の新規作成

アクセスできるルートディレクトリを設定して、FTPアカウントを作成することができます。 ドメイン設定の新規作成別に、FTPでのアクセス権限を指定したい場合などにご利用ください。 1.左メニューの「ドメイン」をクリック コントロールパネルに「ログイン」後、左メニューにある「ドメイン」ボタンをクリックします。 2.「FTP設定」をクリック メニュー右側にある「FTP設定」をクリックします。 3.ドメイン名を選択し、「FTPアカウントを作成」をクリック 右にある「ドメイン」のプルダウンより、FTPアカウントを作成するドメイン名を選択 「FTPアカウントを作成」ボタンをクリックします。 4.FTPアカウントの設定を入力 任意のユーザー名を入力 パスワードを半角英数字で入力(アルファベットは大・小文字が使用可能) 左のアイコンをクリックするとパスワードが自動生成されます。 アクセスするディレクトリを選択(選択したディレクトリの領域にのみアクセスできます。) 「作成」ボタンをクリックします。 5.表示された情報を保存 FTPソフトの設定に必要な情報が表示されますので、コピーしてメモ帳などに記録してください。 右上の「✕」をクリックして閉じます。 6.作成完了 作成したFTPアカウントが一覧に追加されています。