All-in-One WP Migrationの使用方法

WordPressプラグイン「All-in-One WP Migration」を使用して、他社様サーバーからコアサーバーにWordPressサイトを移行する方法をご紹介します。ここでは、例として同じドメイン名のまま移行する手順をご紹介します。 WordPressプラグインを使用しない移行方法は、こちら 「Duplicator」を使用した移行方法は、こちら サーバー移行後の動作確認が完了するまでは、他社様サーバーを解約しないで下さい。 他社様サーバーの空き容量に余裕が無い場合、失敗する恐れがありますので、空き容量をご確認下さい。 1.WordPressのバージョンを最新にする 不具合の発生を防止するため、予め他社様サーバーのWordPressを最新バージョンに更新します。 WordPressの管理画面にログインした後、左ナビの「更新」をクリックし、「WordPressの新しいバージョンがあります。」と表示されているか確認します。 表示がある場合は、「今すぐ更新」をクリックし、最新版にバージョンアップして下さい。 2.プラグインの新規追加 左ナビの「プラグイン」から「新規追加」をクリックします。 3.All-in-One WP Migrationのインストール 右上の検索窓に「All-in-One WP Migration」と入力し、検索結果に表示されるAll-in-One WP Migrationの「今すぐインストール」をクリックします。 4.「有効化」をクリック インストールの完了後に「有効化」をクリックすると完了です。 5.データのエクスポート 左ナビの「All-in-One WP Migration」から「エクスポート」をクリックします。 6.エクスポートの開始 「エクスポート先」をクリックすると展開されますので「ファイル」をクリックします。 エクスポートが開始されます。サイズによっては時間がかかる場合がありますので、しばらくお待ち下さい。 7.エクスポートの完了 エクスポートが完了しました。 ファイルのダウンロードが可能になりますので、クリックしてダウンロードして下さい。ダウンロードしたファイルはインポート時に使用します。 エクスポートファイルのサイズが512MBを超える場合、無料版のプラグインでインポートする事ができません。 ファイルサイズを小さくしたい場合は、メディアファイルをエクスポートの対象外とするために「高度なオプション」から「メディアライブラリをエクスポートしない(ファイル)」にチェックを入れてから、再度エクスポートをお試し下さい。 この手順でエクスポートした場合、エクスポートファイルにメディアファイルは含まれませんので、移行完了後にFTPなどで転送して下さい。 メディアファイルは、通常Wordpressのインストールディレクトリ配下の「/wp-content/uploads」フォルダに保存されています。 8.hostsファイル確認用のインデックスファイルを設置 事前にドメイン設定の新規作成と、サイト設定の新規作成を行なってください。 サイト設定の際に移行元サーバーとPHPのバージョンを合わせてください。バージョンが異なる場合、不具合が発生する可能性があります。 コアサーバーにログインし、「サイト設定」をクリックします。サイト一覧画面から、追加したドメインの「WebFTPクライアント」のアイコンをクリックします。 9.「ファイル作成」をクリック ファイルマネージャーが表示されますので、「ファイル作成」をクリックします。 10.インデックスファイルの作成 インデックスファイルを作成します。 新規ファイル名に「index.html」と入力します。 任意のテキストを入力します。 「フロッピーディスク」のアイコンをクリックし、保存します。 「矢印アイコン」をクリックして前の画面に戻ります。 11.インデックスファイルの作成 インデックスファイルが作成されました。 12.hostsファイルの設定 hostsファイルを使用することでドメインをコアサーバーに向ける前に、独自ドメイン名で動作確認が行えます。Webサイトを停止することなく移行することが可能です。 hostsファイルの設定方法(Windows) hostsファイルの設定方法(Mac)… Continue reading All-in-One WP Migrationの使用方法

Duplicatorの使用方法

WordPressプラグイン「Duplicator」を使用して、他社様サーバーからコアサーバーにWordPressサイトを移行する方法をご紹介します。ここでは、例として同じドメイン名のまま移行する手順をご紹介します。 WordPressプラグインを使用しない移行方法は、こちら 「All-in-One WP Migration」を使用した移行方法は、こちら サーバー移行後の動作確認が完了するまでは、他社様サーバーを解約しないで下さい。 他社様サーバーの空き容量に余裕が無い場合、失敗する恐れがありますので、空き容量をご確認下さい。 1.WordPressのバージョンを最新にする 不具合の発生を防止するため、予め他社様サーバーのWordPressを最新バージョンに更新します。 WordPressの管理画面にログインした後、左ナビの「更新」をクリックし、「WordPressの新しいバージョンがあります。」と表示されているか確認します。 表示がある場合は、「今すぐ更新」をクリックし、最新版にバージョンアップして下さい。 2.プラグインの新規追加 左ナビの「プラグイン」から「新規追加」をクリックします。 3.Duplicatorのインストール 右上の検索窓に「Duplicator」と入力し、検索結果に表示されるDuplicatorの「今すぐインストール」をクリックします。 4.「有効化」をクリック インストールの完了後に「有効化」をクリックすると完了です。 5.左ナビの「Duplicator」から「Packages」をクリック 左ナビの「Duplicator」から「Packages」をクリックします。 6.「Next」をクリック 「Create New」をクリックし、次のページにある「Next」をクリックします。 7.スキャン結果の表示 スキャン結果が表示されます。結果に問題がなければ「Build」をクリックします。 8.パッケージの作成完了 パッケージの作成が完了しました。 「Installer」「Archive」をクリックして、インストーラーとアーカイブファイルをダウンロードして下さい。 9.hostsファイル確認用のインデックスファイルを設置 事前にドメイン設定の新規作成と、サイト設定の新規作成を行なってください。 サイト設定の際に移行元サーバーとPHPのバージョンを合わせてください。バージョンが異なる場合、不具合が発生する可能性があります。 コアサーバーにログインし、「サイト設定」をクリックします。サイト一覧画面から、追加したドメインの「WebFTPクライアント」のアイコンをクリックします。 10.「ファイル作成」をクリック ファイルマネージャーが表示されますので、「ファイル作成」をクリックします。 11.インデックスファイルの作成 インデックスファイルを作成します。 新規ファイル名に「index.html」と入力します。 任意のテキストを入力します。 「フロッピーディスク」のアイコンをクリックし、保存します。 「矢印アイコン」をクリックして前の画面に戻ります。 12.インデックスファイルの作成 インデックスファイルが作成されました。 13.hostsファイルの設定 hostsファイルを使用することでドメインをコアサーバーに向ける前に、独自ドメイン名で動作確認が行えます。Webサイトを停止することなく移行することが可能です。 hostsファイルの設定方法(Windows) hostsファイルの設定方法(Mac) hostsファイルに、移行先のコアサーバーのIPアドレスと独自ドメイン名を追記して下さい。 (例)202.172.26.39 example1.site IPアドレスはサイト一覧の「IP」からご確認ください。 14.hostsファイルの設定完了 ドメイン名でアクセスし、テスト用に設置したインデックスファイルが表示されましたら正常に設定が出来ております。 確認が終わりましたらインデックスファイルは削除して下さい。 15.コアサーバーに接続 他社様サーバーで作成したアーカイブファイルをアップロードします。ここでは、FFFTPを使用した手順をご紹介します。 FFFTPでコアサーバーに接続し、ドキュメントルートに移動します。… Continue reading Duplicatorの使用方法

プラグインを使わない場合

WordPressプラグインを使用せずに、他社サーバーからコアサーバーにWordPressサイトを移行する方法をご紹介します。ここでは、例として同じドメイン名のまま移行する手順をご紹介します。 「All-in-One WP Migration」を使用した移行方法は、こちら 「Duplicator」を使用した移行方法は、こちら サーバー移行後の動作確認が完了するまでは、他社サーバーを解約しないで下さい。 1.他社サーバーからファイルをダウンロード ここでは、FFFTPを使用した手順をご紹介します。 他社サーバーに接続し、WordPressがインストールされているディレクトリに移動してください。 その中にある全てのディレクトリとファイルを選択し、ダウンロードします。 2.他社サーバーのデータベースにログイン ここでは、phpMyAdminを使用した手順をご紹介します。 左メニューから、移行するWordPressで使用しているデータベースをクリックし、上メニューの「エクスポート」をクリックします。 3.他社サーバーからデータベースをダウンロード 「実行」をクリックします。 SQLファイルがダウンロードされます。ダウンロードしたファイルはインポート時に使用します。 4.hostsファイル確認用のインデックスファイルを設置 事前にドメイン設定の新規作成と、サイト設定の新規作成を行なってください。 サイト設定の際に移行元サーバーとPHPのバージョンを合わせてください。バージョンが異なる場合、不具合が発生する可能性があります。 コアサーバーにログインし、「サイト設定」をクリックします。サイト一覧画面から、追加したドメインの「WebFTPクライアント」のアイコンをクリックします。 5.「ファイル作成」をクリック ファイルマネージャーが表示されますので、「ファイル作成」をクリックします。 6.インデックスファイルの作成 インデックスファイルを作成します。 新規ファイル名に「index.html」と入力します。 任意のテキストを入力します。 「フロッピーディスク」のアイコンをクリックし、保存します。 「矢印アイコン」をクリックして前の画面に戻ります。 7.インデックスファイルの作成 インデックスファイルが作成されました。 8.hostsファイルの設定 hostsファイルを使用することでドメインをコアサーバーに向ける前に、独自ドメイン名で動作確認が行えます。Webサイトを停止することなく移行することが可能です。 hostsファイルの設定方法(Windows) hostsファイルの設定方法(Mac) hostsファイルに、移行先のコアサーバーのIPアドレスと独自ドメイン名を追記して下さい。 (例)202.172.26.39 example1.site IPアドレスはサイト一覧の「IP」からご確認ください。 9.hostsファイルの設定完了 ドメイン名でアクセスし、テスト用に設置したインデックスファイルが表示されましたら正常に設定が出来ております。 確認が終わりましたらインデックスファイルは削除して下さい。 10.WordPress設定ファイルの編集 事前にデータベース設定の新規作成を行なってください。 他社サーバーからダウンロードしたファイルにあるwp-config.phpをメモ帳などのテキストエディタで開きます。 データベース名、ユーザー名、パスワードを、作成したデータベースのものに、ホスト名を「localhost」に変更します。 11.MySQLデータベースの移行 コアサーバーのコントロールパネルに「ログイン」後、左メニューにある「データベース」をクリックし、次に「ツール」を開きます。 12.phpMyAdminをインストール 「phpMyAdminをインストール」をクリックし、次のページの「インストール」もクリックします。 インストールが開始されるので、5分程度待って次の手順へ進みます。 13.「phpMyAdminログインページ」をクリック インストールが完了後、ページをリロードするとBasic認証のIDとPWが表示されます。 「phpMyAdminログインページ」をクリックし、表示されていたIDとPWを入力してログインします。 14.データベースのユーザー名とパスワードを入力 データベースのユーザー名とパスワードを入力し「実行」をクリックします。… Continue reading プラグインを使わない場合