共有SSL(暗号化通信)について

V1プランのみご利用いただけますが、無料SSLをおすすめしております。 アクセス方法 https://ss1.coressl.jp/ドメイン名 (例:https://ss1.coressl.jp/test.geo.jp/) <注意事項> 各サーバーの管理画面は同方法にて暗号化しております。各サーバーがどのSSLサーバーを使用しているかを確認するには、コアサーバーのソフトウェア情報をご覧ください。 POPS / SMTPS / IMAPSのアクセス先について サーバー名(POP / SMTP / IMAPのサーバー名と同一) (例:s1.coreserver.jp)

Webサイトにアクセスすると「保護されていない通信」と警告が表示されます

こちらはWebサイトがSSL化されていない場合に表示される警告となります。安全な運用を行うためにも、サイトのSSL化を推奨しております。コアサーバーでは無料でSSL証明書をご利用いただけます。手順は以下のマニュアルをご参照ください。 無料SSLの新規設定方法(V1プラン・V2プラン)

Webサイトに設定していたSSLが無効になってしまいました

有料のSSL証明書は1年毎での契約となります。期限切れの場合は「SSL証明書の延長・更新」を行ってください。 また、Let's Encryptの無料SSL証明書については自動で更新されます。無料SSL証明書が自動更新されない場合は、ドメイン名を明記の上「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。

Let's EncryptのワイルドカードSSLは利用できますか?

ご利用いただけません。