PHPをCGIとして動かす方法について

V2プラン 対応しておりません。 V1プラン 標準ではFastCGI版としてご利用いただけます。何らかの理由で古いバージョンのPHPを動かす、別途モジュールを追加して運用する等が必要な場合、CGI版として動かすことができます。ただし、速度が遅くなり負荷が高くなります。 方法 動かしたいPHPがあるディレクトリ内に下記一行を「.htaccess」に追加、または新しく設置してください。全ての「.php」ファイルがCGIとして実行されます。パーミッション:644などCGIとして必須のオーナー実行権限がなくても実行できますので、標準のFastCGI版PHPの設定を引き継いで動作します。 また、先頭行に「#!/usr/local/bin/php」を入れていただく必要はありません。 AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php メリット FastCGI版で対応していないバージョンを使うことができる。 モジュールを追加して動作させることができる。 デメリット FastCGI版PHPに比べて動作が遅くなる、負荷がかかる。 その他 htaccessでカスタマイズできますので、<Files sample.php></Files>等のディレクティブを使い、特定のPHPだけCGIとして動かすということも可能になります。 応用 「.htaccess」ファイルに記述するコマンド 「.php」をCGI版PHPとして動かす AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php 「.php」をCGI版PHP8.0として動かす AddHandler application/x-httpd-php80cgi .php 「.php」をCGI版PHP7.4として動かす AddHandler application/x-httpd-php74cgi .php 「.php」をCGI版PHP7.3として動かす AddHandler application/x-httpd-php73cgi .php 「.php」をCGI版PHP7.2として動かす AddHandler application/x-httpd-php72cgi .php 「.php」をCGI版PHP7.1として動かす AddHandler application/x-httpd-php71cgi .php 「.php」をCGI版PHP7.0として動かす AddHandler application/x-httpd-php70cgi .php 「.php」をCGI版PHP5.6として動かす AddHandler application/x-httpd-php56cgi .php 「.php」をCGI版PHP5.5として動かす AddHandler application/x-httpd-php55cgi… Continue reading PHPをCGIとして動かす方法について

PHPでのエラー対策について

PHPが白紙になる、正常に実行されない場合 セキュリティ上、標準でPHPのエラー表示がされない設定になっております。エラー表示をご利用いただくには下記の設定を行ってください。 V2プラン コントロールパネルの「ウェブ > PHP設定」で「display_errors」のオンにチェックしてください。詳細な手順はPHPの設定を参照ください。 V1プラン 下記コマンドを「.user.ini」に記載してください。 display_errors = Onerror_reporting = E_ALL & ~E_NOTICE

FastCGI版PHP 各バージョンのPHP設定方法

FastCGI版 PHP 8.0 / 7.4 / 7.3 / 7.2 / 7.1 / 7.0 / 5.6 / 5.5 / 5.4 / 5.3 において、「php.ini」をお客様で編集していただけます。 設定ファイルを編集します。編集するのは /public_html/.fast-cgi-bin/ フォルダ内のphp 80.ini /php 74.ini / php 73.ini / php 72.ini / php 71.ini / php70.ini / php56.ini / php55.ini / php54.ini / php53.ini のいずれかとなります。 例えば、FastCGI版PHP5.5のPHP設定を変更する場合は、「/public_html/.fast-cgi-bin/php55.ini」を編集します。 サーバーコントロールパネルの左メニューにある「PHP設定」で、使用するPHPのバージョンを指定します。 編集後、②の画面にある「PHP設定」ボタンを押します。約5~10分程度で設定が反映されます。

cronでPHPを呼び出す方法

以下を記述した「.sh」ファイルを作成・設置し、「.sh」ファイルをcronに登録してください。 V2プラン 標準のPHP(7.4)の場合 #!/bin/sh /usr/local/bin/php /home/ユーザー名/phpスクリプトへのパス/phpスクリプトファイル名.php PHP 8.0の場合 #!/bin/sh /usr/local/php80/bin/php80 /home/ユーザー名/phpスクリプトへのパス/phpスクリプトファイル名.php V1プラン 標準のPHPの場合 #!/bin/sh/usr/local/bin/php /virtual/ユーザー名/phpスクリプトへのパス/phpスクリプトファイル名.php PHP 7.0の場合 #!/bin/sh/usr/local/bin/php70 /virtual/ユーザー名/phpスクリプトへのパス/phpスクリプトファイル名.php

viで日本語テキストを開くと文字化けする

ログイン直後のホームディレクトリに、下記内容の「.vimrc」を設置して下さい。 set encoding=utf-8set fileencodings=utf-8,euc-jp,sjis,iso-2022-jpset fileformats=unix,dos,mac